引越準備

毎年、新しい年を迎えて春が訪れる頃には、新社会人や新入学が決まった方、転勤をされる方を始めとする様々な人々が、新しい場所で新しい生活を始めています。新しい生活環境を整えるには、生活の基盤となる部屋探しがとても重要です。その新居は、いつから準備をするのが最適といえるかをご紹介します。

一般的に春から新生活が始まる場合の部屋探しをされる方は、1月から3月ごろに集中します。依頼をして契約までに1週間ほどで即入居される場合が多くなりますので、物件の競争率が高く、迷っている間に別の方が決めてしまうケースが出てきますので、新しい生活が決まったら、早めに情報を集めて物件を見て回ることが一番重要です。

次に入居希望者が多いのは、4月から5月頃の部屋探しです。新生活が少しスタートしてしまった頃ですが、この時期には3月中に埋まらなかった物件や3月末に空きが出た好条件の部屋が見付かる可能性があります。空き部屋を出したくない大家さんとの家賃交渉もしやすい場合もありますので、時間に少し余裕がある場合はこの時期がオススメと言えます。

また、入居の際には敷金や礼金、最初の家賃や保険の加入などに費用が掛かりますので、入居を希望する2週間前までには資金の準備も必要です。書類の作成時に必要な証明書代、引越し代も視野に入れて、お金の準備をしておきましょう。現在入居している部屋がある場合は、その部屋の解約手続きに1ヶ月程度余裕を持って行うことも大切です。