賃貸審査通過のコツ

気に入った物件を見つけたら、入居申し込みをして契約すれば入居できると思っている方は、ちょっとお待ちください!実は入居申し込みをした時点で、あなたが入居できるかどうかの入居審査があるのです。入居審査は入居申込書から家主が審査する場合と、不動産会社が審査する場合もありますので、不動産会社の営業マンに横柄な態度を取るのはあまり良い印象を与えないでしょう。

確かに借主には何万円もの家賃を継続して払っていく経済力が必要とされますので、フリーターなどの不安定な職業の方は歓迎されません。また、一度住み始めてしまうと、家賃を滞納をしたり、生活上のマナーが悪かったとしても、すぐに退去させることは難しいので、家主が入居者に慎重になるのも当然でしょう。ですから、入居前に様々な面で、賃貸契約をして入居しても安心な方であるかの審査をするのです。

入居審査は、職業や収入、保証人の面からも考慮されますし、もちろん人間性や見た目の印象も重要になってきます。残念ながらお洒落でタトゥーを入れている方も、物件によっては敬遠されてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、当然のことながら見た目が怪しかったり、ガラが悪い方、挙動不審な方、不潔な方は、誰にでも良い印象を与えません。そういったことにも注意して、不動産屋に物件探しに行く時も清潔な身支度を心掛けるようにしましょう。営業マンに良い印象を与えた方が、結果的に自分にもメリットがあるのです。